%e7%99%bb%e5%b1%b1

初めて家族で登山をしようというのであれば、その時には子どもにもトレッキングシューズを与えるのが正解です。

でも、子ども用のトレッキングシューズは、どんなものを選ぶのが正解なのかあまりわからないという方も多いでしょう。

そこでここでは、キッズ用のトレッキングシューズの選び方について紹介していきます。

これらを参考に子供用のトレッキングシューズを選んであげてください。

サイズはプラス1センチにする

大人用のトレッキングシューズを買う際には、自分が普段履いているジャストのサイズにプラス一センチしたサイズの物を買うというのが正解になります。

では、キッズ用の場合はどうなるでしょうか?

キッズ用の場合でも、サイズは1センチプラスしたものを買うようにしてください。

登山をする際には登山用の靴下も履くでしょうし、登山をしている間は足はむくみやすくなります。

それは、大人であっても子供あっても同じことなのです。

だから、キツキツのサイズ感のトレッキングシューズを買ってしまうと、途中で足を痛くしてしまう可能性が高いでしょう。

自分が足が痛くなるならばまだしも、子どもが足が痛くなるというのはすごく困るでしょう。

なので、そうなることを防ぐためにも、プラス1センチのトレッキングシューズを買うようにしていってください。

大きすぎるのもNG

当然ながら、大きすぎるのもNGになります。

子どもの靴を買う時には成長を見越してついつい大きすぎるような靴を買ってしまうことがあります。

でも、当然ながら大きすぎる靴をかっても、その家族での登山に合わない靴を履いていくだけになってしまいます。

まずそもそもその第一回目の登山で楽しい思い出ができないと次の登山なんて行きたいと思うはずもありません。

次の登山に活きたくないのであれば、成長を見越して買ったトレッキングシューズは無駄になるだけです。

それは、誰も得しない結末だと言えるでしょう。

それならば、成長はいったん無視して、とりあえずプラス1センチのトレッキングシューズを購入し、まずは登山を楽しんで貰う方が良いでしょう。

来年までに足がすごく大きくなるという保証もありませんし、意外とそれで来年もいけたりもします。

もしそうなったら、誰もがウィンになると言えるでしょう。

だから、プラス1センチが正解なのです。

防水性の高いものを選ぶ

子どもにトレッキングシューズを選ぶのであれば、防水性の高いものを選ぶようにしてください。

トレッキングシューズは、防水であるという事が強みです。

そもそも子供と一緒に行く登山で、そこまで機能的なトレッキングシューズが必要になるという事もないでしょう。

それならば本来、別段運動靴で登山に出かけても良いはずです。

それなのにトレッキングシューズを与えるというのは、防水性に大きな差があるからにほかなりません。

子どもは、水たまりなども全然気にすることはありませんし、防水性の高い靴でないと、すぐに靴や靴下がびしょびしょになってしまうでしょう。

だから防水性は必要なのです。

そしてそこにしか差がないと言っても過言ではないのですから、その防水性においては大きな差がつけばつくほど良いという事になります。

だから、なるべく防水性が高いトレッキングシューズを選ぶようにするのがおすすめだと言えます。

柔らかいものを選ぶ

なるべく柔らかいものを選ぶという事も大切になります。

トレッキングシューズというと、すごく固いものもあります。

でも、固すぎるトレッキングシューズは、それだけですごく痛く感じるものです。

ましてや子どもにとってみれば、慣れない山道で慣れない固い靴を履いていたら、まず間違いなく足が痛くなってしまうでしょう。

だから、なるべく普段の運動靴に近いような、柔らかいトレッキングシューズを選ぶようにしてあげて下さい。

その分耐久性などには不利になる

そういう柔らかいトレッキングシューズは、固いトレッキングシューズと比べると、耐久性などにおいては不利になるでしょう。

安全面でも、固いものと比べると頼りないところがあります。

でも、先述の通り、そもそも子供連れ、家族連れでそんなに耐久性や安全性が高い靴を求めるようなところに出かけるということもないでしょう。

せいぜいちょっとしたハイキング程度の登山になると思われますので、とにかく歩くことをたのしめるような靴を用意してあげる方が良いのです。

歩くことが楽しめる靴と言えばやはり、歩きやすい靴でしょう。

だから、やわらかいトレッキングシューズを選ぶというのが正解になるのです。

軽いものも正解になる

柔らかいということと同じように、歩きやすさを作るために欠かせないポイントがもう一つあります。

それが、軽いという事です。

軽いものと重たいものだったら、軽いトレッキングシューズの方がはるかに歩きやすいと言えるでしょう。

だから、子どもにトレッキングシューズを与えるんだったら、軽いトレッキングシューズを買うのが正解になります。

軽いものであれば、普段の運動靴とそこまで大差はなく歩くことができるでしょうから、登山の楽しさを感じる方に集中しやすくなります。

あまり値段のしないものを選ぶ

子ども用のトレッキングシューズを選ぶ際には大切なポイントがもう一つあります。

それが、あまり値段の高くないものを選ぶという事です。

子どものトレッキングシューズを選ぶ際には、ついつい値段を度外視して考えてしまいがちです。

それは確かに仕方がないところはあるでしょう。

子どもは命よりも大切だと考えている人も多いでしょうし、だからこそ、少しでも良いものを与えてあげたいと考える人も多いはずです。

でもそうして、値段を度外視して考えると、どうしても無駄に高機能になったりして、無駄に高くなりがちになります。

無駄に高機能にしてもあまり意味はありませんし、無駄に高くしてしまうと、ついついサイズ感で妥協をしがちになります。

ここまでのポイントの中で一番大切なのはサイズといっていいくらいに、サイズ感というのは大事です。

でも、値段が高いトレッキングシューズを買おうとすると、どうしても値段のせいで勿体ないと思ってしまい、プラス1センチよりも大きいものを買いたくなるのです。

普段学校で使う靴であればそれでも問題ないでしょう。

でも、これは登山で使うトレッキングシューズです。

だったらサイズは合わせないとなりません。

そしてその為には、値段をなるべく抑えることが大切なのです。

値段が安ければまた買えば良いとなれる

もしトレッキングシューズの値段が安ければ、また買えば良いとなれるのです。

そうすれば毎年登山に行くたびにトレッキングシューズを買い替えていたとしても、あまりダメージにはならないでしょう。

その方が常に新品の良い靴を履けますし、常にピッタリのサイズ感の物を履けるので、明らかに効果的です。

だから、子ども用のトレッキングシューズを買う際には、値段もあまりかけないように意識してみてください。

そして、毎年しっかりと買い換える事が出来るようにしていきましょう。

まとめ

キッズ用のトレッキングシューズは、こうしたポイントを意識してえらんでいけば、正しいものを選ぶことができるでしょう。

どうせ行くのであれば、きちんと子どもにも登山をたのしんでもらいたいでしょう。

そのためにはやはり靴選びというのはすごく大切になります。

是非参考にして、家族での登山企画を成功させていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です