%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84

トレッキングシューズには、ミドルカット、ローカット、ハイカットの3つの種類のカットがあります。

この中から、多くの人はミドルカットやハイカットのトレッキングシューズを選んでいきます。

でも、ローカットのトレッキングシューズには魅力はないのでしょうか?

ここではそんな、ローカットのトレッキングシューズのメリットについて紹介します。

何よりも軽い

ローカットのトレッキングシューズの一番のメリットは、何よりも軽いというところにあります。

ローカットのトレッキングシューズは、ローカットであることによって、ミドルカットのトレッキングシューズや、ハイカットのトレッキングシューズに比べて体積が少ないです。

体積が少ないという事は当然ながらその分だけ軽さが出て来ます。

トレッキングシューズとは本来それなりに重さがあるもので、その重さがすごく嫌だと考えている人もたくさんいるでしょう。

そんな方にとっては、軽いトレッキングシューズは至れりつくせりだと言えるのではないでしょうか?

普段のトレッキングシューズが重たくて嫌だという方にはすごくおすすめできるものです。

軽いということは動きやすいということ

軽いという事は、当然動きやすいという事になります。

普段トレッキングシューズを履くときには、そこまで動くことはないでしょう。

ゆっくりと一歩一歩踏み出して行くはずです。

だからこそ、あえて重たくして安定性を持たしているというようなことがあります。

でも、そこまでしなくても軽い気持ちで上りたい山もあるでしょう。

そういう時にぴったりなのが、このローカットのトレッキングシューズなのです。

たくさん歩き回りつつ、色々なものを観察しながら登山を楽しむことができるでしょう。

足首の可動域が広い

ローカットのトレッキングシューズのメリットとしてもう一つ言えるのが、足首の可動域が広いという事です。

ローカットのトレッキングシューズは、足首がすごく動きます。

別段固定されているわけではないので、幾らでも動かすことができるでしょう。

たいしてハイカットやミドルカットのトレッキングシューズでは固定されてしまいます。

だから足首を自由自在に動かすということはできません。

自由自在に足首を動かすことができないという事は、たとえば走ったりしようとしてもそれができないという事になります。

それができるのは、ローカットのトレッキングシューズだけでしょう。

だから、山で走ったりしたい人には、ローカットのトレッキングシューズがおすすめです。

何故ハイカットは足首を固定しているのか

そもそもなぜ、ハイカットのトレッキングシューズは足首を固定しているのでしょうか?

一つは足のふみ出しの安定度を高める為です。

厳しい山道の登山の場合は、一歩一歩足を踏み出していくことが求められます。

そしてその一歩一歩はなるべく同じ角度で足を入れた方が足は疲れなくなります。

でも同じ角度を足を入れるのに、足首がプラプラしていたら難しいです。

だから足首を固定してくれた方が楽に歩けるようになります。

もう一つは安全面でしょう。

たとえば山道には、とがった枝などもたくさんあります。

そうしたとがった枝が足首に刺さったり、足首を切り裂いたりすることもあるのが山道なのです。

でも、ハイカットでしっかりと足首まで固定していればそれが起こりえません。

ローカットではそれが起こりえます。

それは、覚えておいた方が良いことでしょう。

足首のあたりが蒸れない

ローカットのトレッキングシューズのメリットは、蒸れないというところにあると言えます。

ローカットのトレッキングシューズは、足首から上がないのですから、当然ながら、ハイカットやミドルカットのトレッキングシューズと比べて、足首から上が蒸れなくなります。

トレッキングシューズでは、通気性にも気を使っているものが多いですが、それでもやはり何かをまとっているとすごく蒸れてしまうものです。

足首から上までしっかり蒸れてしまうのと、足首のあたりはあまり蒸れないのだったら、明らかに足首のあたりはあまり蒸れないものの方が快適に動くことができるでしょう。

だから、登山の気持ちよさや楽しさのようなものを実感しやすいのは、ローカットのトレッキングシューズだと言っても過言ではないでしょう。

夏場はさらに快適

登山をするところというのは、だいたい夏場でも涼しいことが多いです。

でも、暑い時にはすごくアツく感じるものです。

そんな時でもローカットのトレッキングシューズであればあまり蒸れないので、快適に過ごすことができるようになるでしょう。

ただそれは、冬には逆のことが言えます。

足首より上がないのですから、冬の山道の寒さを、足首あたりにダイレクトに感じてしまう可能性が出て来ます。

もちろんタイツやパンツや靴下でカバーすることはできますが、完全な防水の物で足首までおおわれているハイカットのトレッキングシューズにくらべると、寒さは感じる可能性が高いです。

だから通気性が良い、蒸れないというのは、メリットであると同時に、ある意味ではデメリットでもあると言えます。

普段使いしやすい

ローカットのトレッキングシューズのメリットは、その使い勝手の良さにもあります。

ハイカットのトレッキングシューズは、どうしても見た目がごつくなりがちなので、私服に合わせようとすると浮いてしまう可能性がたかくなります。

存在感の強い靴というのは、すべてのバランスを壊してしまう可能性があるものですから。

もちろん、ハイカットのトレッキングシューズだって合わせられないことはないですが、それに合わせて私服を選んでいかないとならないのは確実でしょう。

でも、ローカットのトレッキングシューズであれば、存在感がそこまで強くないので、まるでスニーカーのように使いこなすことができるでしょう。

トレッキングシューズに合わせて私服を選んでいくのではなく、私服を選んだ後でトレッキングシューズを靴の選択肢の一つとして入れることができるようになるのです。

スペック的にも普段使いしやすい

ローカットのトレッキングシューズが普段使いしやすいというのは、何も見た目的な話だけではありません。

先述の通り、ローカットのトレッキングシューズというのは、足首も固定されていませんし、軽さもあります。

だから、普段の日常を生きていく際にも、まったくそれが邪魔になることはありません。

登山の際の歩き方と日常の歩き方は全く違いますから、ハイカットのトレッキングシューズのようにどうしても登山の歩き方になりがちなトレッキングシューズは、スペック的に日常になじめないのです。

ほとんど危険がないと言える日常生活の中での重たい靴というのは、ただ文字通り自分の足を引っ張るだけだと言えるでしょう。

だから日常使いしたいのであれば、ローカットのトレッキングシューズを選ぶと良いでしょう。

せっかく安くはないトレッキングシューズを買うのであれば、日常使いしたいと考える人も多いのではないでしょうか?

まとめ

ローカットのトレッキングシューズは、山道を元気に登りたいという方、つまり、そこまで条件が厳しくないような山を気軽に上りたい方や、私服でもトレッキングシューズを使っていきたいと考えている人にすごくおすすめできます。

ハイカットもいずれ必要になるかもしれませんが、ローカットも持っていて損するという事はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です