screenshot_4

私がトレッキングシューズを購入しようと思ったきっかけは、アウトドアに興味があったことで雑誌を読むうちにおしゃれなトレッキングシューズがあったことと、人生で一度は富士山に登ってみたいこと、あとは雨の日用の濡れない普段用のおしゃれ靴としてゴアテックスのおしゃれトレッキングシューズが欲しかったことが挙げられます。

そこでトレッキングにも使えながら、普段履きにも使えるおしゃれな機能性のあるゴアテックスのシューズを買うことにしました。

トレッキングシューズの絞り込み

私が雑誌やネットで、自分が欲しい条件(ゴアテックスで派手すぎず普段履きにも使えるおしゃれなトレッキングシューズ)に当てはまるものを探し始めていくつかに候補を絞りました。

1つ目は雑誌『GOOUT』でスタイリストの岡部さんが履いていたaddidasのTERREX FAST。

2つ目は定番アウトドアブランド、ザ・ノースフェイスのヘッジホッグ ファストパック ライト 。

3つ目がデサントが販売元のINOV8というブランドのROCLITE282GTX。

4つ目がイタリアのアウトドアブランド、La Sportivaのウルトララプターゴアテックス。

の4つです。

価格は15000円~27000円くらいのものでした。

トレッキングシューズの選択

試し履きをしようともそんじょそこらの店では取り扱っていませんので、アウトドア専門店に出かけて行って試し履きしました。

店頭でノースフェイスとINOV8はありました。

アディダスは違う店で発見しましたが、スポルティバはどこにも置いてありませんでした。

まず消去法でいってLa Sportivaは試し履きできていないのとデザインが派手すぎるのと、値段が一番高かったため消えます。

次にaddidasですがはスポーツブランドですし、万人に履きやすく価格も抑え目でいいとは思うのですが、デザインや色の使い方が実物を見るとなんかチープさが感じられ購入をやめました。

残すはノースフェイスとINOV8ですが、履いた印象ではどちらも履きやすく、これからトレッキングシューズを履こうと思っている方にはどちらもおすすめできるものだと思います。

両方ともローカットのモデルなのですが、履き心地はそれほどタイトでなく、かかと部分を包んでくれて疲れにくいんだろうなあと思いました。

それぞれの特徴はノースフェイスは全体的に重厚でかっちりした感じです。

対してINOV8はソールは重厚ですが全体的には柔らかみもあり、ノースフェイスに比べて軽く感じました。

両方ともゴアテックスの素材を使っていて、価格も16000円前後でほぼ同じでしたが、最後は直観でINOV8のROCLITE282GTXを購入しました。

実際の履き心地

INOV8のトレッキングシューズを購入して数カ月たちます。

実際に使ったのは普段使いが主なのですが、ちょっとしたトレッキングとちょっとした岩登りには使いました。

本格的なトレッキングはまだ行ってません。

良かったのは今年は雨が多かったので雨の日用の普段履きの靴として活躍しました。

それまでは雨の日の靴となるとレザーのスニーカーとかダナーのブーツとか履いていたんですが、このINOV8の靴は軽いし履きやすいしゴアテックスで雨は心配ないしだいぶ重宝しました。

またトレッキングの場面でも長時間歩いても足の裏が痛くならず、トレッキングシューズとしての威力をいかんなく発揮してくれたと思います。

デザインも黒一色でどんな服とも合わせやすく、シックでおしゃれに見えますし、わかる人にはわかるブランドというのも気に入ってます。

まとめ

今回トレッキングシューズを初めて買ってみて、その機能性やデザインに満足しています。

数年前から続くアウトドアブームの中、トレイルランやトレッキング、ボルダリングなどの普及で今まで知らなかったようなブランドのシューズが市場で多く出回るようになっています。

それゆえに多くのブランドが切磋琢磨し、機能性がありながら普段履きでも履けるようなデザインのものも多く販売されるようになったと思います。

また女性のアウトドアへの参加も相まって今後もこの市場は盛り上がっていくと思います。

ですので一度トレッキングしない方でもトレッキングシューズを買ってみたらいいと思います。

特に普段からウォーキングしている方なんかには大変向いていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です